image03

憧れのお菓子屋さんオーナへ。 製菓衛生師の取得を目指す。

憧れを夢に近づく製菓衛生師の資格

お菓子屋さんになりたいと言う夢を持っている人がいると思いますが、そんな人が是非とも取っておいてほしい資格の一つが製菓衛生師の資格です。これはパンや製菓を製造するにあたって、安全性の向上を図りかつ公衆衛生や製造者の資質向上を目的に作られた資格です。

イメージ 製菓衛生師の資格取得には、2年以上の実務経験または専門学校等厚生労働大臣指定の製菓衛生師養成機関で1年以上勉強する必要があります。
この製菓栄養士養成機関全国各地にありますが、全日制と通信制を組み合わせて授業をするところもありますので、忙しい方でも受講をする事が可能です。
実際に資格を取得する際には、上記の条件を満たした後衛生法規・公衆衛生学・食品学・食品衛生学・栄養学・製菓理論及び実技お6科目の試験があります。

製菓衛生師資格の有効性

お菓子と言うのは食品ですから美味しい事はもちろんの事ですが、食べ物として衛生的でありかつ安全である事が求められます。
そういった衛生安全面に関する知識及び技能を習得し、それを証明するのがこの製菓衛生師の有資格者ですが、現在のところ製菓衛生士の資格が無いとお菓子屋さんになれないと言うような免許制度ではありませんので、この資格が無いとお菓子屋さんになれないと言う訳ではありませんが、この資格を持ってこそ始めて一人前のお菓子屋さんと言われるようになります。

ですので将来お菓子屋さんになりたいと言う夢を持ちお菓子やさんに憧れる方は勿論、この資格を持っておく事は憧れのお菓子屋さんへの最初の一歩になります。

更新情報